MENU

受胎ところ摂らない方が良い原材料という事柄

葉酸や亜鉛、鉄分などは妊婦氏にとりまして積極的に摂取するべき栄養だ。妊娠していない母親よりも手広く意識して食事やサプリから摂取する必要があります。

 

一方で、妊娠当事者の女性が摂取に気をつけるべき栄養もあります。その栄養分の摂取が過剰になってしまうと、母親に悪影響があるのはもちろん、胎児に先天性のダメージが発症して仕舞う可能性もあります。敢然と覚え、余計な不安を抱えないようにしましょう。

 

以下にその代表的なものをまとめていきます。

 

ビタミンA

ビタミンAの過剰摂取は胎児に先天性の奇形を発症させるケー。ビタミンAは鳥獣性の食材に手広く含まれています。その栄養分です「レチノール」という材料の過剰摂取が胎児の奇形につながるとされています。

 

レチノールを含むビタミンAは以下のような成分から摂取されます。

 

  • 豚レバー
  • 鶏レバー
  • 牛レバー
  • アンキモ
  • うなぎの蒲焼

 

これらの食材は鉄分を数多く抱えるために、妊婦氏の中には積極的に摂取してしまう方もいるようです。

 

ただし、殊更レバーなどは100g程度でも妊婦氏におけるレチノールの過剰摂取に達するので、なるべく摂取を遠退けるようにしましょう。

 

水銀

水銀を妊婦氏が摂取するため、胎児へ叡智、実行、視力などへの壁が発症する懸念があります。

 

意図的に水銀を摂取することはひと度ないと思いますが、大柄魚などには水銀が多く含まれていることもあります。断じてこれらの魚類を取るなというわけではありませんが、週間ゼロほどに抑えておくのが安心でしょう。

 

水銀は以下のような夕食循環の上位に要る大柄魚に数多く含有されています。

 

  • マグロ
  • クロムツ
  • クジラ
  • キンメ

 

大柄魚を摂取する時折食べ過ぎに批判ください。

 

リン

リンという栄養分を過剰に摂取してしまうため、カルシウムや鉄分といった妊婦氏に重要な栄養分の体得が阻害されてしまう。

 

なので、妊婦氏はリンを含む食材は出来るだけ控えるのが無難です。リンは処置食材や迷惑フード、スナック菓子などに含まれています。

 

  • 処置食材
  • 清涼飲料水
  • インスタント食材
  • メカニズムチーズ
  • ハム

 

どうも手軽さからこれらの成分で食事を済ませたくなることも分かります。また、時には迷惑フードの味覚が恋しくなることもあるでしょう。

 

但し、妊娠間隔に食べたものは腹部の赤ちゃんに直影響を与えます。なので、可能な限りこれ場合リンを多く含む食材は避けるべきでしょう。

 

妊娠当事者は減塩気をするのが標準となります。妊娠当事者の塩の摂り過ぎは妊娠中毒症を引き起こすケー。基準としては、1日に8g後とされています。

 

  • ファストフード
  • スナック菓子
  • レトルト食材

 

これらを日常的に食べていると、毎日8gの塩はやにわにオーバーしてしまします。「胎児につき」というこれらの食事は遠ざけ、ぜひとも自炊をするようにしましょう。

 

葉酸サプリTOPへ

21種の葉酸サプリとオススメ葉酸サプリ

葉酸について

葉酸サプリ

葉酸サプリの効果

妊娠初期

男性の妊活

不妊治療

このページの先頭へ